アラフォー孤独身女の日記

40代独身一人暮らしの日常を記します。

ボランティア養成講座へ行った話2

こんばんはー

先日、ボランティア養成講座のことを記載しました。

 

usaginikki.hatenablog.com

 本日はその続きの講座を受けてきたので、そのことを記載しようと思います。

 

f:id:usaginikki:20200906191719p:plain

 

 

ボランティア養成講座

この講座は全10回ありまして、今回は二回目でした。

思ったより、道が混んでいて到着がギリギリになってしまいました。

でも、それが功を奏したみたいで、慌てて部屋に入ったら一番前の席が空いていて座れました。

前回、後ろの席で全然聞こえなかったのでラッキーでした。

案の定、後ろの席では絶対聞こえないよ!という音量でスタートしました。

換気しているため外気の音(救急車のサイレンとか、雨の音とか)が聞こえてきて、一番前の席でちょうどいい音量でした。

 

私は、一つの音に集中できないんですよね。

例えば、電話かかってきて対応しているときに隣でしゃべり出す人がいるとします。

そうすると、受話器の声に集中できず、両方の声を拾ってしまいパニックになります。

受話器の声に集中して対応しなければならないのに、全部聞こえてきてしまうのです。

なので、今日のような講座のときも外気の音に負けないくらいの音量で説明していただかないと、外気の音が気になって気になって疲弊してしまいます。

 

ちょっと話がずれましたが、一番前の席に座れて本当に良かったです。

実体験としてお話してくださった方は、おそらく80代の高齢者。

ただでさえ聞き取りにくい話し方です・・・。

今日は聞こえたんですけど、話の脈絡がさっぱり分かりませんでした。

ご自身の実体験をお話しされているのですけど、他人にもわかるような表現ではないので、初対面の私たちにはさっぱりだと思います。

日ごろ、会社で「あいつ何言ってるのか分かんないよ」とか思ってましたが、今回の公演者に比べれば全然理解できます。

ボランティア活動をする上で、心を広くもって対応していかなければならないんだなと思ったのでした。

 

うらやましいなと思ったのが、ご結婚されているということ。

そして、集う場所というのがあるということ。(居場所があるなんてうらやましい)

その活動の中で、カラオケや遠足、押し花教室、食事会などが行われているということ。(活動範囲が広くてうらやましい)

健常者の私よりもよっぽど経験豊富で、人が集まる環境なんだなと思いました。

 

今日の朝ごはん

f:id:usaginikki:20200912180952j:plain

アジの干物

今日は鯵の開きにしてみました。

 

今日の夜ご飯

f:id:usaginikki:20200912181045j:plain

かんぴょうとネギトロ巻き、サーモンの刺身

今日の夜ご飯です。

料理するのがめんどくさくなって、海苔巻きを購入しました。

 

本心で言いますと、だれかと交流を持ちたくて始めたボランティア養成講座ですが、だれとも交流を持つこともできず・・・。

どのような行動を取ったら、気の合う方と出会うことができるのか?

永遠の謎であります。

 

ではではまたねー

 

 

応援していただけると励みになります。


おひとりさまランキング


アラフォー日記ランキング